ウェブで食うぜ!やり遂げる!

このサイトで使っているテンプレートについて知りたいならコチラ

フレッドアップデート(仮)をきっかけに、飛ぶサイトと飛ばないサイトの違いを考えてみた

 
ボレ
WRITER
 
最近の変動の原因
この記事を書いている人 - WRITER -
ボレ

これまで色んなネットでの副業に取り組んだけど、ボレは最終的に専業アフィリエイターになったぜ!!これまでの経験とか現状とか、色々好き勝手書いてるぜ!!

詳しいプロフィールはこちら

4月18日あたりに、Twiiterが騒めくと同時に多くの方が、サイトが飛んだなどのツイートをしていました。

この、フレッドアップデートでは、ホワイトサイトも飛んでしまうという衝撃。

しかし、twitter上では、ブラックでも飛んでいない。
ホワイトはオワコンだ。

などと、最近主流だった手法が覆されているような印象を受けました。

実際は、様々な要因があって、ボレが運営しているサイトでも、ホワイトで飛んでいないサイトもあるし、ブラックでも飛んでいないサイトもあります。

むしろ、ボレのサイトで飛んだ(急下落)したのはオールドドメインでの運営サイト1サイトのみでした。

このサイトは月間検索回数2400回のワードで最高6位まで上がっていたのですが、17、18日あたりを境に20位台まで下落しました。

まだ、作り始めて1ヶ月程度ですし、記事数も少ないので、痛くも痒くもありませんが、飛ばされるサイトの傾向を掴むチャンスなので逆にテンションが上がりました。
※メインサイトが飛んだら笑えませんけどね。

入っていた記事は12記事+トップページです。

しかし考えてみてください。このサイトはオールドドメインで運営していましたが、1ヶ月も経たないうちに上位表示ですよ。
修正すれば順位が上がることはわかっているので、今後修正していきまが、やっぱりオールドドメインのほうがよくないですか??

ボレは、そろそろ、またブラックな手法が流行しだすんじゃないかなと思っています。

そこで今回は、改めて、googleが好むサイトとはどんなものなのかについて、考え直してみようと思う。

ホワイト、ブラックの定義は?

多くのアフィリエイターは、現在ホワイトハットSEOでないと怖いという理由でホワイトにしている方がほとんどです。
しかし、本当にトップアフィリエイター達もホワイトが主流なのでしょうか?

ホワイト、ブラックの概念は人それぞれと言えます。
ボレが思うには、飛んだサイト=ブラック飛んでいないサイト=グレーだという風に考えています。

つまり、一般的にブラックと言われる手法でも、現段階で飛んでいないのならホワイトに近いブラックということです。

ちなみに、このブログは、メルセデスベンツのキャンペーンサイトのオールドドメインです。
実際、現状としては、累計3記事、普通の考え方からすると、インデックスすらされないレベルだと思います。

しかし先日、とある有名な方からTwitterでシェアして頂きました。
しかも自然に。

この結果から言えることは、オールドドメインのほうがインデックスが早いのは確実ということです。
ドメインによって個体差はありますが。。。

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOの定義を考えてみました。
ホワイトハットSEOとはGoogleが提唱している基準を、ズルイ事をせずに達成できているサイト。

  1. 自作自演被リンクをしていないサイト
  2. 新規ドメイン
  3. ユーザーの事を考え抜いたサイト
  4. テキスト量が適度なサイト

上記のようなサイトが一般的にホワイトハットのサイトと言われています。

ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOとは、ホワイトハットと真逆の手法です。

googleが提唱する基準を、あの手この手を駆使して潜り抜けながら上位を狙います。

一般的なブラックハットの手法は以下の通りです。

  1. 自作自演リンクをする
  2. スパムコンテンツを増やす
  3. オールドドメインで運営する

一般的に言われているのが自作自演リンクをしているか否かで、ブラックとホワイトが区別されています。

今回飛んだ(急下落)ボレのサイトの特徴

ボレのサイトが飛んだ人もそうでない人も、どのような事がきっかけで順位が下がるのかを理解しておく必要があるかと思います。

また、下落する原因を知っておく事で、その真逆を行うことで順位が上がるということにもなります。

今回飛んだ(急下落)サイトの詳細についてご紹介します。

オールドドメインについて

今回使用していたオールドドメインは、音楽系サイトが運営されていました。
また、ボレが運営していたサイトは美容系となりますので、一切無関係のテーマでの運営となっています。

被リンクについて

オールドドメインですので、元々被リンクがこれだけついています。
しかし、自作自演でのリンクは一切行なっていません。

つまり、リンクが原因での下落ではありません。

コンテンツについて

コンテンツは各ページ作り込んでいました。
しかし、低品質ページが数ページ存在していました。

作り込んでいたページは、コラム的内容の7ページ。
これらの記事は全て2000文字程度の内容に、自作のイラストなど、それなりに作り込んでいます。

商品紹介ページは、5ページ。
このページは、まだ作っている最中でしたので、テキスト量はゼロです。
つまり、5ページは低品質ページです。

フレッドアップデートに引っかかった原因は?

ボレが考えるには、商品紹介ページの低品質で引っかかったと考えます。

理由としては、オールドドメインでの運営他サイトでも飛んでいないものがある。ということです。

そもそも、ホワイト、ブラック問わず、検索上位に上げるには、ページ自体の品質が必要です。

ブラックな手法だからといって、コンテンツを充実させなくていい訳ではないのです。

どちらの手法にも関わらず、最終的にはユーザーがCVすることを目的に作っている訳ですから、薄っぺらい内容ではCVしないのです。

また、最近のgoogleはサイト全体を評価対象としている部分もあります。
つまり、全体から見て相対的に低品質なページが一定の割合以上存在した場合に引っかかると考えました。

それだけが原因ではないかと思いますが。

他の方の記事などと総合的に見て、あなたが正しいと思うものを判断基準として、この内容を組み込んで試してもらえたらと思います。

今回順位が下がったサイトに関しては、今後コンテンツを充実させることでどのような動きが出たのか、レポしていこうと思います。

神よ、どうかアフィリエイターにご加護を!!

この記事を書いている人 - WRITER -
ボレ

これまで色んなネットでの副業に取り組んだけど、ボレは最終的に専業アフィリエイターになったぜ!!これまでの経験とか現状とか、色々好き勝手書いてるぜ!!

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 今日からボレは!! , 2017 All Rights Reserved.